2012年01月12日

サングラスや眼鏡を炎天下の車内に放置しないで

 もうお正月気分も抜けて、通常モードですね。
新年あけてから本当に良く降りますし、寒いです。

なんか今年は、眼鏡の修理がとても多いです。
変形を修正してあげたり・壊れた眼鏡を修理したり、例年に比べてなんでこんなに多いんでしょう?

中でも極めつけがコレ

20120112sunglass.jpg

レンズが湾曲していて、フレームのカーブに合わなくなっていました。

おそらく炎天下の車内に放置されたのではないかと推測します。
炎天下の車内は80度くらいの高温になります。
ダッシュボードに入っていても、車内がサウナのように高温になります。
プラスチックレンズは熱で膨張しますので、耐えきれず、レンズの中心から湾曲してカーブが強くなってしまいます。
フレームのカーブを修正して何とか納めることが出来ましたが、完全には止まりません。
接着剤を使用して、何とか止められたかな?ってところです。

こおなると、修正は出来ませんし、何よりレンズが歪んでしまいます。
見え方にも悪影響が出てくるんです。

レンズ交換された方が良いのですけどね。


「ん? 私、車内に眼鏡置きっぱなしだよ。」と思われた方、ご注意下さいね。
車を離れる時は、眼鏡も一緒に連れて行ってあげてください。

どうしても車内に置いておきたい方は、ガラスレンズの眼鏡かサングラスにされると良いですよ。


                SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi
posted by SS級認定眼鏡士 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サングラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53061190

この記事へのトラックバック