2020年07月13日

「もっとよく読んで考えろ」と言われても、よく見えないんです

20200713MOGマーキュリー.jpg

眼の筋肉のバランスが悪くて
見にくい場合、
お子様は見にくいと気づいてないため
「読みたくない」と言います。

本を読まなかったり、
長い文章を読みたくないから
文章の理解力が足りなかったりします。

適切なメガネを使うことで
本を読めるようになり、
理解力が上がるようになってきます。

適切なメガネって、
よく見える眼鏡と言うよりも、
見やすい、ラクに見える眼鏡です。

あなたは
『見ることがしんどい』なんて
想像できますか?

想像できないと思います。

でも、見ることにすごく力を使っていて
とってもしんどい思いをして見てられるお子様達があります。

そんなお子様は、
ただ見てるだけでもしんどいので、
文章なんて読みたくありません。

でも、「もっとよく読んで考えろ」とか言われます。
「もっと、ちゃんと勉強しろ」とか

しんどいから読みたくない
読めないだけなのに
がんばって、がんばって見て
毎日ヘトヘト

そんなある時、ある眼鏡屋さんで

「この目はとっても疲れやすい眼をしています。
見ることにとても大きな力を使っていて、
そのせいで、本が読めなかったり、
漢字が苦手だったり、
物事に集中できなかったりすることがあるんですよ。」

「この眼鏡をつねに、
朝起きてから夜寝る前までご利用頂くことで、
ラクに過ごして頂けるようになります。
読書も楽しめるようになりますし、
勉強もできるようになりますよ。」

と言われました。
できあがった眼鏡をかけてみると
見やすいです。

イヤだった勉強もできるようになるかも。

あなたも
ある眼鏡屋さんで【見やすい眼鏡】を作れるか
相談してみませんか?


ただいま無料相談会実施中です。
  ↓  ↓
コロナ対策で、3蜜を避けて、
安心してお越しいただくため、
予約制しています。
ご予約はこちらからどうぞ
  ↓ ↓
TEL&FAX
(0796)22-3409
EYES(アイズ)
    山口

ご予約の日時と
お名前と電話番号をお伝え下さい。





            TALEX プロショップ EYES(アイズ)
             日本眼鏡技術専門学校の
             SS級認定眼鏡士  山口竜徳


posted by SS級認定眼鏡士 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187692674

この記事へのトラックバック