2019年09月18日

世界でひとつのフルオーダーの眼鏡レンズ

 「なんかこのメガネ、
きついきがするようになってきたんですけど」
とご来店頂きました。

20190916フルオーダー2.jpg

お顔に添うように少し内側に傾斜してるフレームです。
内傾しているフレーム用のレンズをセットすることで
調子よくご利用頂いてました。

ところが、その後に
TALEXのサングラスをご購入

オークリーのフレームで眼鏡をもう一本ご購入

3本になりました。

他の2本は何ともないのに
この眼鏡だけ何か違和感を感じるようになったとのことです。

3本とも同じ度数でお作りしてますので、
レンズのセッティング位置であったり、
レンズの種類であったり、
顔にかかった状態とか、
考えられる原因をひとつづつ探っていきます。

20190916フルオーダー3.jpg
横から見たときの傾斜です。
この角度は眼鏡によって様々です。

利用者様の耳の高さによってこの傾斜が
強くなったり、弱くなったりします。

普通は眼鏡を調整してこの角度を
見やすい最適な角度に合わせるのですが、
最近の眼鏡はこの調整が出来ないモノがほとんどなんです。

調整できるフレームもあるのですが、
デザインが良くないんで購入してもらえないですし、
オシャレなフレームで購入してくれるモノは
調整できないですし、
長い間、困ってました。

この方もこの傾斜が弱いのが原因で違和感を感じてられます。

フレームで調整できないのなら、
利用者様が眼鏡を掛けた状態に合わせて、
見やすくなるよう、
レンズのほうで度数を調整して、
レンズを製作しようとするメーカーがでてきました。

世界で一つの
フルオーダーの眼鏡レンズで、
とても見やすいです。

技術の進歩ってスゴイですね。
とても見やすく自然な眼鏡をお楽しみ頂けます。

ありがたいことです。
20190916フルオーダー1.jpg

出来上がった眼鏡を掛けて、
「とっても見やすい」
と大喜びしていただけました。

ありがとうございます。

20190916フルオーダー4.jpg
こちらも調整の出来ないフレームですので、
読書用眼鏡ですが、
フルオーダーのレンズでお作り頂きました。

ラクで見やすい読書用眼鏡が仕上がりました。


20190916フルオーダー5.jpg
こちらは、
遠近両用眼鏡のフルオーダーのレンズで
お作りいただきました。

遠近両用眼鏡ほど
このレンズの真価が発揮されます。

とても視界が広いですし、
遠近両用レンズ特有のユレ・ユガミも少なく
とても見やすくお作りできます。

もし、
あなたも
『より見やすく快適に生活できる眼鏡』を
利用したいとお思いでしたら、

豊岡市のロータリーにある
『親切・丁寧・技術一番』の
EYES(アイズ)へお越し下さい。

きっと
あなたのお力になれるはずです。



   日本眼鏡技術専門学校卒の
    SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.




================================
メルマガ登録お願いします。
      ↓
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01423660     

===========================





posted by SS級認定眼鏡士 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186575590

この記事へのトラックバック