2019年04月02日

世界で一本のフルオーダーの眼鏡

最近多い眼鏡として、内側に傾斜したフレームを多く見かけます。

20190315アオリ角.jpg
上から見たときに内側に傾いてるのがおわかり頂けますでしょうか?

眼鏡のレンズはこのように内側に傾斜してない水平な状態で見やすくなるよう設計されてます。 どのような良いレンズをご購入されても上のように傾斜の付いてるフレームにセットすると違和感が出て見にくくなるモノです。

傾斜しているフレームにはそれ用のレンズに少しのノウハウを混ぜてセットすることで、自然で広い視界をお楽しみ頂くことが出来るようになります。

また、前傾角とか調整できないフレームも多いので、お客様がお顔にかけた状態で見やすくなるよう度数を補正してお作りできるオーダーメイドの眼鏡レンズもあります。

20190315アオリ角2.jpg

綺麗なフレームですが、前傾角の調整が出来ないフレームのため、お客様が眼鏡をかけた状態でのあおり角、前傾角に合わせてレンズを製作できる、世界に一本のフルオーダーのレンズを使用した理想的な眼鏡です。

お渡しするなり「見やすい。」とおっしゃってくださいました。

あなたにあった、より見やすくて、より快適な眼鏡をお望みでしたら、親切・丁寧・技術一番のEYES(アイズ)へお越し下さい。きっとあなたのためにお役立て頂けるはずです。


  日本眼鏡技術専門学校卒の SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi




posted by SS級認定眼鏡士 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185802349

この記事へのトラックバック