2019年03月14日

あなたの遠近両用眼鏡見にくくないですか?

遠くの視界が広く、手元も広く見える見やすい遠近両用眼鏡があることをご存じでしょうか?

遠近両用眼鏡は遠くも近くも見えてとても便利なものというイメージがありますが、実は遠くがメインで手元はオマケ的にみえるようになってるモノで、手元の見える範囲が狭く、長時間の読書とかはにがてなレンズです。

多くの人は遠近両用眼鏡で事務仕事したりパソコン作業されたり、一つの眼鏡でこなそうとされています。

これ、とっても疲れます。特にパソコン作業は見にくいです。遠近両用レンズの特性で仕方のないことなんですね。

事務仕事やパソコンや読書用にもう一つ眼鏡をご利用頂くことでとても快適に過ごして頂けるようになりますよとお伝えしていました。

ところが、昨日お渡しした遠近両用眼鏡ですが、コレ一つで全てこなせるんでないの?って感じの眼鏡です。

20190314遠近.jpg

見た目では分かりません。
でもこれ、とっても視界が広いんです。

遠方で5.7m
パソコン見る距離で36cm
読書する距離で21cm

顔を振らずに横目使ってハッキリと見える範囲です。
普通の遠近両用眼鏡ではありえないほど視界が広いんです。
21cm巾で見えれば読書でも事務仕事でも見やすくて目がラクで、仕事もスイスイはかどります。

この遠近両用レンズはとても素晴らしいレンズなのですが、レンズ注文時に指定する項目も多く、眼鏡の知識がないと見やすい眼鏡を作るのが難しい特殊なレンズなんです。

そのため、ある程度の技術のあるお店にしか出荷されない、メーカーより特別な許可を得ないと扱えないレンズだったりします。

今年になってから申し込みをして、先月許可を頂き、お客様に見て頂く価格表も作り直しましたので、最適な方にオススメすることができます。

見やすく・疲れず・快適な眼鏡をご希望でしたら、今すぐEYES(アイズ)へお越し下さい。

『よりよく見える』についてのあなたのお悩みを解決出来るよう尽力いたします。


そうそう、ちょっとおしゃれに変身して頂きますよ。
見やすく・疲れず・快適に見えるこじゃれた眼鏡をお楽しみ頂けます。


  日本眼鏡技術専門学校卒の SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi




posted by SS級認定眼鏡士 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185709766

この記事へのトラックバック