2018年11月16日

見やすく・疲れず・快適なモアイレンズ

 「あそこの画廊まぶし〜て、なんかえーのんあれへん?」
東京の画廊さんへ出品されるんですね。

スポットライトって結構目が疲れるんです。 そこでモアイレンズの出番。
20181116avirex.jpg
薄い色が入りますが、乱反射を取り除いてくれるので、見やすくて目がラクになります。この色であれば商談時にご利用いただいても問題ないでしょう。


今の眼鏡の度が強すぎるからと眼科さんの処方箋を持ってこられました。現在ご利用の眼鏡の度数を測ってみて、お持ちいただいた処方箋と比べてみると、とても度数が違っています。でもこの方、ずっとこの強い眼鏡を利用されてるようで、本当にこれで作って大丈夫なんだろうか?って疑問が出てきました。病院から発行されました処方箋をお持ちいただきますと我々はその処方通りの眼鏡を作らねばなりません。しかし、今回はあまりにもご利用の眼鏡と処方箋との度数が違いすぎるので、確認の意味もあり当方でも測定してみました。
20181116muge.jpg
お客様と相談の上、遠近両用眼鏡でお作りすることになりました。
光を調整して見やすく疲れにくくしてくれるモアイレンズでお作りさせて頂きました。初めての遠近両用レンズですが、近視と言うこともあり遠近の方が日常生活に見やすく生活の質が上がります。最初少し違和感あるかもしれませんが、すぐに慣れていただけることでしょう。
20181116muge.jpg
フレーム上部の丸が、おおよそ瞳の位置になりますので、遠くは自然に見ることが出来ます。フレーム下方の四角いところが手元を見るための一番強い度数が入ってます。丸から四角までの間は度数が徐々に変化してます。本を読むときはフレームの下方の四角いとこらへんを使って見ていただくとよく見えます。歩く時は足もとがぼやけるため注意が必要ですが、この方は近視のため、足下がぼやけると言っても裸眼と変わらない見え方ですので怖いと感じられることはないです。慣れてくると使いやすい眼鏡になります。

ちなみにレンズに付いてる丸や四角の青いラインは、お客様のお顔に合わせて調整したあと綺麗に消してお渡ししますので、普通のレンズと見分けが付かなくなります。


こちらもモアイレンズの遠近両用眼鏡です。
20181116ridol.jpg
 この方は透明な眼鏡をお持ちですが、モアイレンズでもう一つお求め頂きました。夜の対向車の眩しさを防いで、見やすく・疲れず・快適で安全に夜間の運転をお楽しみ頂けます。
薄い色ですので常用して頂いても問題ありません。現在ご利用の透明な眼鏡と今回のモアイグレーの眼鏡と気分に合わせて掛け替えてご利用頂きますと、毎日が楽しくなりますよね。

こちらの眼鏡もレンズに付いてる丸や四角の青いラインを、お客様のお顔に合わせて調整したあと綺麗に消してお渡ししますので、普通の眼鏡レンズと見分けが付かなくなります。



夜の対向車の眩しさを防いで、見やすく・疲れず・快適で安全に夜間の運転をお楽しみ頂ける夜間運転用眼鏡は、普段の眼鏡としてもご利用できるので、色々なシチュエーションで眼鏡の着替えをお楽しみいただけます。


                 SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.





posted by SS級認定眼鏡士 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | TALEX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184970555

この記事へのトラックバック