2018年11月02日

新生姜の黒糖浸けできた。

20181102ショウガ砂糖付け.jpg
 生姜の黒糖浸けできました。

1kgの生姜からワインの瓶2本分とれた。
とろとろの生姜エキスをワインの瓶に移しておくと、口が狭いので酸化しにくいかなって思ってます。風邪のひきかけで、ちょっとおかしいかも?って時に適当にお湯で薄めて温めて飲むと次の日にはケロッと治ってたりするので、重宝してます。冷蔵庫に保管すれば2〜3年経っても平気ですね。発酵食品って何年保つのだろう?

生姜の切れ身は魚を煮たり、炒め物に使ったり、そのまま食べてもおいしいです。これも冷蔵庫に保管すると1年くらいは平気ですね。

新生姜の頃に浸けるのですが、作り方はこちら
     ↓
http://eyesglass.sblo.jp/article/164079964.html


発酵食品作るのって、楽しいですね。



posted by SS級認定眼鏡士 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184844424

この記事へのトラックバック