2018年10月26日

白内障の人の見やすいサングラス

20181025RIDOL.jpg

白内障の手術後の眩しさを防ぐサングラスをお求め頂きました。
白内障は水晶体というピント合わせする組織が堅くなり濁ってくる病気で、この水晶体の堅くなったところを取り除いて、代わりのレンズを入れるのですが、白内障の手術をされた方は眩しさを感じやすくなります。

よく見えるようになるのですが、白く光った感じで眩しくて見にくいようです。

そこで、外出時にTALEXの薄い色のサングラスのピースグレーをご利用頂きますと、視界がスッキリとして、聡明感もなく見やすくなると好評です。

ただ色が付いてるだけのレンズではなく、空気清浄機のようにレンズがフィルターを通して光を調整してくれるため、視界スッキリ、見やすくなります。

薄い色のサングラスだから使いやすく、気持ちよく外出をお楽しみ頂けます。


posted by SS級認定眼鏡士 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障と眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184776753

この記事へのトラックバック