2018年06月13日

音楽のある文化って素晴らしい

 先週ですが、子供が自然学校に行っていてお泊まりだったので、夫婦でお寿司を食べに行ってました。
暫くすると BITOR&D の美藤さんがご夫婦で食事にいらっしゃいました。

昔、GSX250刀というバイクのキャブレターをFCRというレーシングキャブに美藤さんとこで取り付けてもらい、とてもスムーズに加速するし乗りやすいバイクに変化して、長い間楽しませてもらってました。
今は大型免許取ってリッターバイクに乗ってるので、FCRは入れてないのですが、またFCR入れたいバイクに乗ることがあればお願いしたいなって思ってます。

http://www.jb-power.co.jp/

F.スペンサーのメカニックだった人ですから当然なんでしょうけど、セッティングも上手にしてもらえました。 とても楽しく乗りやすいです。

十数年ぶりにお会いして、お話させていただき、「世界で活躍されている音楽家の演奏会があるよ」とパンフレットを頂いて是非行ってみたくなりました。

土曜日に市民会館でコンサートがありましたが、仕事で行けないので日曜日に但東町の会館に行ってきました。

20180613音楽.jpg

こんな感じで子供の頃から音楽に触れあってもらおうと、子供さんたちを舞台に上げて想定外の演奏をされていました。

ピアノの上手な人は何度か聞いた事はあるのですが、この方の音を聞くと、ピアノってこんな音がするの?
なんで? ってビックリ。

なんか、音の出方が違う。 
一音一音心に響くというか、世界で活躍される人は音が違うんだなって初めて知りました。

この音はなかなか出せないんじゃないんだろうかって素人ながらに思います。

こんな演奏会がちょくちょくあると、子供たちにはとても良い影響を受けるんだろうと思います。
いいことですね。



posted by SS級認定眼鏡士 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183536426

この記事へのトラックバック