2018年03月01日

見ることをモットもっと楽しんで頂くために

 この時期、申告で忙しく、やっと一息付けるようになりました。
明日は発達障害児の見え方についての講演があり、名古屋まで見に行ってきますので、本日夕方から明日と臨時休業いたします。

発達障害の方々の見え方も、色々なパターンがあるのでしょうが、我々とは全く違う見え方をしている場合もあり、脳の思考回路も全くの別物のように思えることもあります。 重度の知的障害と自閉症の娘を見ていると、人としてつきあうより、なんか、宇宙人としてつきあう方がスムーズにコミュニケーションとれるのかな? って思えることもあり、とりあえず私の専門の見え方のことですので勉強しに行ってきます。

先日お渡ししました、強度のプリズム処方した方の眼鏡です。

20180301FLEA.jpg

「モノが二重に見えて困る」とのことでプリズム処方して機嫌良くご利用頂いてましたが、昨年白内障の手術をされ、良く見えるようになったのですが2重に見えるのは変わらず、今回レンズ交換させて頂くことになりました。

以前より度数は弱くて良いのですが、プリズムが強くなっていて、眼鏡にセットしてみると想定外にレンズが分厚くなってしまった。 さすがに13プリズム(片目で6.5プリズム)になると厳しいですね。

20180301FLEAatumi.jpg

「眼鏡出来たのですけど、思った以上にレンズが分厚くなってしまって・・・・。 仕方ないと言えば仕方ないのですけど、あらかじめ予想できなくてスミマセン。」 ってお電話すると、

「いいですよ。よく見えれば。」

っていうありがたいお返事を頂いてました。


仕上がった眼鏡を受け取りにご来店頂き、眼鏡をかけてもらうと、「一つに見える〜。」「ダブらんとちゃんと見える〜。」って言われて、とっても喜んで頂けました。

以前に別の眼鏡屋さんに行かれた時に、「こんな眼鏡よう作らないです。」って言われたっておっしゃってました。 「やっぱり技術だな〜。」って。


嬉しいお言葉です。

特に、普段見ることに苦しんでられる方のお役に立てるのは、とってもありがたいことです。

アイズでは、見ることをモットもっと楽しんで頂けますよう、日々精進しています。

・外に出ると眩しさで目が開かない。
・眼鏡作ったけど、なんか見にくい。
・夜になると2重に見えて運転が怖い。
・夜の運転が苦手。
・片目だとちゃんと見えるのに、両目で見ると2重にダブって見える。
・うちの子、見えてるのかどうなのだか不安。 なんか見にくそうにしてる気がする。

上記のような事でお悩みの事がございましたら、親切・丁寧・技術一番のEYES(アイズ)へお越しください。
きっとお力になれるはずです。


https://www.eyesglass.jp



SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.









posted by SS級認定眼鏡士 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182549836

この記事へのトラックバック