2018年01月05日

コンタクトレンズだけで一日中生活しないで。

 年末に母屋に荷物取りに行った時、車が止まった。
「ココに止めていいですか?」

「本年の営業済みましたけど、いかがされました?」

「眼鏡が作って欲しくて。・・・」


眼鏡なしで運転されてたので、「コンタクトレンズされてます?」って聞いてみると、やはりコンタクトされてました。

コンタクトレンズ店ではずして度数測ればいいって思ってられたようです。

「コンタクトレンズって、はずしてすぐ度数測定しても、おかしな度が出てしまうんです。 角膜がコンタクトレンズのカーブになってるため、戻るのに時間がかかります。 出来れば夕方帰宅したらすぐコンタクトレンズはずして眼鏡に変えて、次の日もコンタクトせずに眼鏡のままでお越し頂きたいのです。」

使ってた眼鏡が壊れてしまったようですが、4日から営業すると言うと、その日なら送ってもらえるからと、ご主人に送迎してもらってお越し頂きました。

話聞いてると結構むちゃされてますね。

・コンタクトのまま眠ってしまうとか。
・一日中つけてたりとか。
・長いこと眼科さんで眼を診てもらってないとか。


何より驚いたのは、眼科さんの受付でコンタクトレンズだけ頂いて帰られるそうで、

「えっ! 診察室入らないの?」

「はい。 いつも受付で頂いてます。 もうずっとこんなんで悪いと思ってるんですけど時間がなくて。」


え〜っ?
  眼科さんって、診察なしでコンタクトレンズ販売してくれるの?

今はそうなんか?


だとすると、こういう人、多いんでしょうね?

で、知らず知らずのうちに眼を痛めつけていると・・・・・。


診察なしで受付でもらえたら便利はイイですけど、もし、眼に傷とか入ってたら、細菌が繁殖してたらって思うと、怖いな〜って思います。


角膜って、再生するのは表層だけです。
もし、内部まで痛んでしまえば、角膜移植しかなくなる事にもなりかねません。

ご利用のコンタクトがハードタイプですと眼が痛くてコンタクトしてられなくなるのでまだ良いのですが、ソフトタイプですと、装用感が良いため、傷に気がつかず、眼が痛くなった頃には重傷になってたりとかします。

1シーズンに一回くらいは診てもらった方が良いんじゃないかなって思いますよ。


この方の場合、長時間コンタクトレンズされてるにもかかわらず、意外と度数測りやすかったです。

強度の近視で、眼が外に寄る傾向のある外斜位もあり、光を曲げて見やすくするプリズム処方も一緒にしています。

強度近視のため違和感が出るかと思い度数を弱めて作るつもりでしたが、全然平気なようで、テスト枠でしばらく付けていてもらいましたが、何ともなく、処方通りの度数でお作りいたします。

見え方の感じ方って、人それぞれですので、装用テストがとても大切なんですね。


EYES(アイズ)では、見やすく・疲れず・快適に生活できる眼鏡で毎日を楽しんで頂くため、様々な検査を行いますので、検眼に15分ほどお時間頂きます。

レンズの説明やら、フレーム選んだりで、みなさん一時間から二時間滞在されています。

みなさんフレーム選びに時間かけてられます。
             楽しそうに選ばれてますよ。


20180105BCPC.jpg

銀座にショールームを持ち、最新のトレンドを反映しつつ、ポップでキュートな眼鏡を作っているBCPC。
カジュアルでシーンを選ばず使いやすいデザインで、品のあるオシャレをお楽しみいただけます。


きちんとした眼鏡を楽しみたい方は、『親切・丁寧・技術一番』 のEYES(アイズ)へお越しください。



              SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.




posted by SS級認定眼鏡士 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コンタクトレンズと眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182045743

この記事へのトラックバック