2017年09月23日

ご本人は気づいてられない、疲れる目

 先日、眼科さんから処方箋を持ってこられて、「遠近両用眼鏡を作って欲しい。」とおっしゃらっる方の眼鏡ができあがりました。

20170922meganeVX.jpg


遠近両用眼鏡は、遠くを見る度数、手元を見る度数、遠くと手元を見る度数の差を考慮して作らないと、違和感が出た時に対処の使用が無くなります。

本来なら処方箋のままお作りせねばならないのですが、処方の通りにお作りして、お客様が違和感を訴えられた場合、別の度数でレンズを作り直しせねばなりません。

お医者さんに作り直しするレンズ代金を請求するわけにもいかず、当方が負担するにも高額ですし、かといってお客様に請求も出来ないですし、とても困ったことになります。


せっかく処方をとって来てくれましたが、再度、アイズで視力測定させて頂きました。

度数はお医者様の処方と大差無いのですが、上下斜位が見つかりました。
眼球を動かす筋肉がうまく使えず、右目が上に、左目が下に向きやすい眼で、とても苦労してピントを合わせている眼で、なんだか見にくい感じがしますし、とっても疲れる目です。

光を曲げて見やすくするプリズム処方をして、ラクに見てもらえるような眼鏡にしています。
上下プリズムは、お客様が違和感を感じやすいので、出来れば入れたくないのですが、この方の場合、プリズム入れた方が明らかに見やすくなりましたので、プリズム入りの遠近両用眼鏡になりました。



読書用眼鏡もご所望で、こちらにもプリズム入れてあります。
20170921megane近用.jpg


受け取りに来て頂いたときに、「とっても見やすい!」 と言って大変喜んで帰って行かれました。


・なんで私の目って、こんなに疲れるん?
・どこで作っても、なんか見にくくてあきらめてる。
・もっと見やすい眼鏡って無いのかな?

ってお悩みの方がおられましたら、EYES(アイズ)へいらしてみてください。
きっと、あなたのお役に立てると思いますよ。


               SS級認定眼鏡士  T. Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181083220

この記事へのトラックバック