2016年10月19日

レンズの加工機修理中

 少し前より、加工機が変な音がしていて、メーカーに問い合わせたところ、加工している時の音を聞かせて欲しいとのことで、電話口で加工している音を聞いてもらい、モーターが原因のようだとお聞きしていました。

電話で音を聞いて分かるなんて凄いことですね。
さすがエンジニアです。

夏のことでしたので、その時期は加工が忙しく、秋になってから修理をお願いしたいとお伝えし、本日修理してもらっています。

砥石を回すモーターの交換作業でした。
ほぼできたようですが、こんなに静かだったんですね。
とっても静かになりました。

うちの機械は、あと4年するとパーツが無くなるそうで、パーツ無くなると修理もできなくなるようで、高価な機械なのにそれは勘弁してほしいなあ。

これで、砥石はまだまだいけるとの事ですので、新品の時のように加工できます。

あと十年ほど、何事もなく動いてほしいものです。

posted by SS級認定眼鏡士 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177315170

この記事へのトラックバック