2020年09月11日

遠視のお子様は文字を読むのがツライです

視力は良いのに
文字が見えない
本を読めない
お子様がおられます。

決して知能が低いというわけではありません。

遠視があったり、
斜位があったりすると、
見ることがとてもツラいんです。
20200911こども.jpg

人の目は、遠くを見るときに力を抜いてピントが合うようになっています。
手元を見る時にだけ力を入れてピント合わせをします。

しかし、遠視があると、
遠くを見るときにも力を入れてピント合わせをしないと見えない目で、
手元を見る時にはさらに力を入れる必要があるので、
とても疲れます。しんどいから文字を見たくなくなります。

遠視は度が強いと遠くも近くも両方ぼやけて見えないのですが、
度数が弱いと、ピント合わせしてしまうので、
視力は良いです。

視力は良いですが、見ることがとてもツラく
勉強に集中できません。

遠視のメガネをかけることで、
集中力がついてきて、
本も読めるようになり、
学力もアップします。

斜位についてはまた今度お話しします。



なんだか、うちの子、
見えてるのかどうだかわからないとか、
本を読もうとしないとか、
集中できず、落ち着きがない
とか、
感じられてましたら、

【親切・丁寧・技術一番】の
EYES(アイズ)へご相談下さい。

ただいま、無料相談実施中です。



コロナ対策で、3蜜を避けて、
安心してお越しいただくため、
予約制にしています。
ご予約はこちらからどうぞ
  ↓ ↓
TEL
(0796)22-3409
EYES(アイズ)
    山口




            TALEX プロショップ EYES(アイズ)
             日本眼鏡技術専門学校の
             SS級認定眼鏡士  山口竜徳

posted by SS級認定眼鏡士 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡