2020年09月09日

「見える。本が読める。」

「見える」
「本が読める」

強い乱視のあるお子様に、
メガネをお渡ししたときの第一声です。

乱視のほかにも、
目が外に開き気味になる外斜位もありますが、
メガネのご利用でとても見やすくなります。
20200909乱視.jpg

強い乱視があると、焦点が合わず、
なんとなく見えてるけど、ハッキリと見えていない。状態です。

ハッキリと見えないので、細かな文字の認識ができません。
本は読みたくなくなります。

お子様は本を読みたくても、
見にくいから見る気が起きなくなります。

乱視の上に外斜位があると、なおのこと、
必要以上の力を使って目を寄せて見ないとダブってしまうので
とてもしんどい目で、
読書なんてしたくなくなります。

そんな状態でも、適切な眼鏡をかけることで、
しっかりと見えるようになり、
今まで読もうとしなかった本も、
たくさん読めるようになります。

本を読むと、読解力がついてくるので、
学力もアップします。

なんだか、うちの子、
見えてるのかどうだかわからないとか、
本を読もうとしないとか、
集中できず、落ち着きがない
とか、
感じられてましたら、

【親切・丁寧・技術一番】の
EYES(アイズ)へご相談下さい。

ただいま、無料相談実施中です。



コロナ対策で、3蜜を避けて、
安心してお越しいただくため、
予約制にしています。
ご予約はこちらからどうぞ
  ↓ ↓
TEL
(0796)22-3409
EYES(アイズ)
    山口




            TALEX プロショップ EYES(アイズ)
             日本眼鏡技術専門学校の
             SS級認定眼鏡士  山口竜徳

posted by SS級認定眼鏡士 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡