2019年06月08日

お子様の眼鏡、本当にそのオシャレな眼鏡で良いですか?

 最近の子供用の眼鏡はとてもおしゃれになっています。
お店並んでる目眼を見て、
こんなカワイイ眼鏡うちの子がかけたら毎日楽しいだろうな。

このカッコイイ眼鏡をうちの子がかけたら素敵だろうな。

って想像しちゃいますよね。

でもちょっと待ってください。
もし、あなたのお子様に必要な眼鏡が、
弱視矯正用眼鏡だったり、
見る機能を発達させるための眼鏡だったりすると、
そのオシャレな眼鏡ではもの足りないかもしれません。


視機能の発達のためには、
眼鏡がずり落ちず、
常にお顔にフィットしていて欲しいです。

眼鏡が変形すると見え方が著しく悪くなるので、
変形しにくい眼鏡が良いです。

また、小さなお子様は動きが激しいので、
運動してもずり落ちにくい工夫をしてる眼鏡ならなおGOOD!


あなたのお子様が、
視機能の発達のためにご利用いただく眼鏡が必要なら、

最近のおしゃれな眼鏡ほどおしゃれではないですが、
ずれにくくお顔にフィットするよう工夫されてたり、
軽くて掛けやすかったり、
変形しにくく丈夫だったりする特徴の眼鏡をお選びください。

20190603子供眼鏡.jpg
軽いですし、
ずり落ちにくい工夫がしてあり、
お子様の負担も軽減します。


20190605子供眼鏡.jpg
オークリーの子供用眼鏡です。
オシャレさんですね。
軽くて丈夫で、意外とかけやすいです。


子供目用眼鏡の場合、
オシャレな眼鏡も良いですが、
目の発達のために、
掛け心地やフィット感を重視した眼鏡選びをしてみませんか?

『親切・丁寧・技術一番』のEYES(アイズ)なら、
日本眼鏡技術専門学校で眼と眼鏡の専門知識を習得し、
国立大阪病院眼科/ 北野病院眼科/ 大阪市立大学附属病院眼科
に派遣され身につけた、強度近視・ 強度乱視・ 斜視弱視のプリズム処方など、
眼鏡店勤務や地方では経験できない貴重な測定技術を、
あなたの問題解消にお役立て頂けます。

一人の技術者が接客から加工まで全てを行うので、
的確なアドバイスを受けつつ、
お子様に最適な眼鏡をお選び頂けます。



   日本眼鏡技術専門学校卒の SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡