2018年10月29日

そげ取りにハズキルーペ

 昨日、新築のお祝いに行っておよばれしてきました。
リビングから続いてるウッドデッキがあり、とても良い感じの建物で、部屋とウッドデッキが続いてるのはとても気持ちいいね。ってデッキで風を感じながらビール飲んでました。

子供たちはウッドデッキで水遊びしたりして楽しそうに遊んでます。
スリッパが置いてあるけど、靴下のままウロウロして楽しそうに遊んでました。

ウッドデッキって、部屋の延長って思うのか、何故だかウッドデッキから降りて地面の方には行かないんですね。子供たちはどこにでも行くと思ってたら、何故だかデッキの上でおとなしく遊んでいます。

部屋の中から子供の遊んでる姿を見守ることが出来るってのも良いモノです。
写真撮ってくれば良かったです。
冬以外はとても楽しめるおうちでした。また遊びに行こう。


夜、寝る前にアンがなんだか足の裏を何度も見ていて、どうしたのかと足裏を見てみると、そげが刺さってるではないですか。これが痛かったのかって言いつつ一本取り除きました。でも、なんか3mmくらいの黒い線が沢山あって、もしかして、これもそげ?

完全に皮膚の中に入り込んでるので、いやがる娘の足をつかまえて皮膚をホジホジしながら見てると、つまめた。ソゲでした。じゃあ他のもみんなそげなら取りださなあかんわ。

店に降りて時計用のピンセットとハズキルーペを持って上がって取り出しました。皮膚の中をほじる時は時計用のピンセットが細くてつまみやすくて痛みなく上手に取り出せます。

ハズキルーペ使ってみましたが、とっても見やすかった。そげ取りのように細かいモノを見るときには、見やすくて重宝します。小さなそげが両足に全部で7本も入っていた。

前々から思ってたのですが、うちの子は痛みを感じにくいのかもしれないです。でも、取るときにはすごく痛がるので、遊びに夢中になって痛みを感じていないだけなのかもしれないですし、不思議です。

Hazuki ルーペ、販売してますけど実際利用したのは初めてでして、まさかそげ取りで利用するとは思わなかったですが、これ、スゴク見やすいです。釣りの仕掛け作る時にも重宝するかもしれないですね。






posted by SS級認定眼鏡士 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年10月26日

白内障の人の見やすいサングラス

20181025RIDOL.jpg

白内障の手術後の眩しさを防ぐサングラスをお求め頂きました。
白内障は水晶体というピント合わせする組織が堅くなり濁ってくる病気で、この水晶体の堅くなったところを取り除いて、代わりのレンズを入れるのですが、白内障の手術をされた方は眩しさを感じやすくなります。

よく見えるようになるのですが、白く光った感じで眩しくて見にくいようです。

そこで、外出時にTALEXの薄い色のサングラスのピースグレーをご利用頂きますと、視界がスッキリとして、聡明感もなく見やすくなると好評です。

ただ色が付いてるだけのレンズではなく、空気清浄機のようにレンズがフィルターを通して光を調整してくれるため、視界スッキリ、見やすくなります。

薄い色のサングラスだから使いやすく、気持ちよく外出をお楽しみ頂けます。


posted by SS級認定眼鏡士 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障と眼鏡

2018年10月11日

こんな事もやってます。

20181008リフォーム.jpg

きれいなネックレスですね。

こちら、お母様があまりご利用にならないダイヤの指輪をリフォームしてペンダントに加工し、お嬢様にプレゼントされました。
スッキリしたシンプルなデザインで、ちょっとした時にご利用頂けます。

石がE-VVS2 ととても綺麗なダイヤですので、お嬢様の胸元でキラキラと輝いてくれます。

使わなくなってタンスの肥やしになっている指輪が、ペンダントにリフォームするととっても素敵に生まれ変わり、輝きを取り戻します。宝石は石が綺麗ですと今のデザインに作り替えて、代々伝えていくことができます。

今回はダイヤでしたが、ルビーやサファイア・ヒスイなどの色石でもリフォーム出来ますのでご相談ください。


posted by SS級認定眼鏡士 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年10月06日

ロンジン パーペチュアルカレンダー

20181006ロンジン.jpg

 本日電池交換でお持ちいただきました。
電池交換しようとすると、「この時計送らな出来へんみたいやで。前も送ってもらって¥8,000ほど払ったで。 その前は○○の店で一万円払った。」とおっしゃいます。

?? でも、裏蓋あけれそうだけど、なんでかな?

とりあえず蓋が開いたので電池を交換してみました。

カレンダーがグルグルグルグル回っていて止まりません。

そうか〜。 パーペチュアルカレンダーだから合わせ方がわからなくって送ったんだ〜。 だから電池交換でそんなにかかってたんだな。

取説は持ってられないとのことですので、再度メーカーに送るか、いじってみるか、とりあえずお預かりしてみました。 もしかしてネットに載ってるかもって調べてみると、あった、パーペチュアルカレンダーの合わせ方アップしてくれてる人がいてました。良かった〜。

https://ameblo.jp/watchhospitalnet/entry-10059162734.html

ココを参考にして無事合わせることができました。
便利な世の中でありがたいですね。

パーペチュアルカレンダーは30日と31日の時や、28日とうるう年の29日の時もカレンダー合わせしなくても正確な日にちを刻んでくれます。 問題は電池交換後の調整が複雑だったりします。 ロンジンとオメガは同じ構造みたいですね。SEIKOの方が調整の仕方は複雑です。



次回同じ事で悩まなくて良いように、自分用にメモを残しておこうと思います。

1)電池交換後、リューズをグッと押し込んで長押しします。
カレンダーが回って、ローマ数字のTorUorVorWのどこかで止まります。( Wがうるう年) 止まったらすぐにリューズを一段引いて短針をくるくる回して月を合わせます。

2)月を合わせたらリューズを正規の位置に戻して(一段押す)再度一段引き出し、年を合わせます。
2016年がうるう年でしたので、2018年は2年目なので U に合わせます。

3)年を合わせたらリューズを正規の位置に戻して、再度一段ひきだし、日を合わせます。リューズを正規の位置に戻してできあがり。

4)うまくいったか確認するために、リューズをグッと押し込んで長押しすると、針がくるくる回って、年・月・日の順番で一時停止してくれるので、合ってたらOK

間違ってたら、一時停止した後すぐにリューズを一段引き出して正しい値を入れ直すことで修正できます。

これで次回の電池交換まで7年後くらいかな? カレンダー合わせしなくても正確な日にちを刻んでくれます。


今回の時計の電池交換代 ¥1500
メーカーに送ると¥8000 かかるところですが、¥1500 で出来てしまった。

                  お得でしたね。





posted by SS級認定眼鏡士 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) |