2018年08月15日

自分で出来るガラスコーティング

 昨年塗ったガラスコートが良かったので、お盆の内に塗ってしまおうと、昨日の暑いさなか洗車&ガラスコーティングをしてました。

20180815red.jpg

むし暑くて汗だくになって、とてもしんどかったのですが、この艶を見れると、しんどいめしてもしておいて良かった〜って思います。
2度塗りするととても綺麗な艶が出てきてくれるので、嬉しいです。


20180815yelow.jpg

ビートは小さいからラクにできました。

お手入れは一年に一度だけです。あとは水洗いのみで持ってます。
20180815Gguard.jpg

とってもお気に入り。



posted by SS級認定眼鏡士 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 車・BIKE

2018年08月11日

ルテインの入ったレンズってありますか?

 先日、「ルテインの入ったレンズありますか?」って問い合わせを頂きました。

ルテインは強い光から目を守るために網膜や水晶体に集まっていて、強い光によって網膜や水晶体がダメージを受けて病気にならないよう、身を挺して光から目を守ってくれています。眼にルテインが集まってくれていることで、白内障や黄斑変性症にならないようルテインが頑張って眼を強くしてくれています。そんな大切な働きをするルテインは、食べることでしか補充出ません。ケール・ほうれん草・かぼちゃなどの緑黄野菜に多く含まれており、特に眼をいたわりたい方は、ケールとほうれん草に沢山含まれてますので食されると良いと思います。

ルテインの入ったレンズというのは無いのですが、ルテインを保護するのはレンズで出来るモノもあります。ルテインはサングラスレンズでも保護できまし、透明なレンズでもルテインを守ってくれるレンズがあり、網膜や水晶体も守ってくれ、いつまでも若々しい眼で毎日をお楽しみいただけます。

最近、健康に関心の高い方が多いですね。
まさか、ルテインに関するご質問を受けるとは思いませんでした。みなさんよく勉強されてるんですね。

もっと詳しく知りたい方もおありと思いますので、ルテインを保護するレンズについて記事を書いてみました。よろしければご覧になってみてください。
      ↓
https://www.eyesglass.jp/glass/lutein.html


                  SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年08月02日

微弱なカーブ付きフレームの視界の広さ

 20180802japo1.jpg
軽くて、カッコ良くて、とてもかけ心地の良いフレームです。
レンズに1カ所穴を開けて止めてるのですが、意外と丈夫です。
歪みの少ないとても見やすいレンズでお受けするはずだったのですが、よく見るとフレームが少し内側に角度付いてました。
20180802japo2.jpg
上から見るとわかりやすいのですが、内側に傾きがあります。

最近のフレームにはとても多いのでうっかりすると見づらい眼鏡になってしまい、注意が必要です。
度入りのカーブ付きサングラスを作るときの技術を生かして、レンズを変更していただき、少しでも見やすいよう作ることにしました。

ほんの少ししか内傾してないことと、カーブ付きのレンズは分厚くなるのでレンズの厚みを薄くしたいこととで使用するレンズを迷ったのですが、内傾の弱い場合のレンズカーブによる見え方の違いも確かめてみたくて、2タイプ注文して組み上げてみて、見やすい方をお渡ししようと2組注文してみました。

結果は、やはり内傾しているフレームにはカーブ用のレンズが必要なようです。カーブ用のレンズを使用するととても視界が広くなります。横目で見てもクッキリと見える範囲が広いです。思った以上にクッキリと見える範囲が広くビックリしました。

今まではハイカーブ用のレンズの種類が少なく、困ってましたが、レンズの種類も増えてきて、カーブの付いたフレームでも見やすい眼鏡が作りやすくなってきました。

これからはカーブの付いたフレームの視界の広さをもっとトアピールしした方がよいですね。



                      SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.




posted by SS級認定眼鏡士 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡