2018年01月31日

白内障術後はモアイレンズで

 昨日、お嬢様に付き添われてご来店頂きましたO様。
「白内障の手術をしたら以前使用していた眼鏡が合わなくなったから。」と眼鏡を作りにご来店頂きました。

昨年9月に手術されたそうですので、術後3ヶ月たっており、問題なく眼鏡をお作りできます。

最近、先生によっては術後一ヶ月で眼鏡を作るよう処方される場合もあるようですが、早めに眼鏡を作成すると、すぐに度数が変わることがあります。 日帰りで出来るとはいえ、手術ですので、傷跡が安定するまで3ヶ月ほどかかるとされてたのですが、何故なんだろう?  私もこれで何度か痛い目に遭っています。 

お客様は眼鏡を早く欲しいですし、まだ早いと思っても病院から処方出されるとそれで作らないといけないですし、その通りに眼鏡作って10日もしないうちに度数が変わって、レンズ交換しないといけなくて、そのレンズ代病院へ請求する訳にもいかず、かといってお客様に請求するのいかがなものかと・・・・。 その都度都度悩んだモノです。
 

早くに眼鏡を作っても、そのまま調子よく使える場合もありますが、一月もしないうちに度が変わってしまうと、お客様の負担も大きいですし、当方の負担も大きいですし、双方にとってメリットがないため、目が安定して安心して測定できるよう、術後は3ヶ月お待ちいただいてから測定するようにしています。


O様は安定していて、視力もよく出るようになられています。 ところが、片目で見ると問題ないのですが、両目で見ると2重になってダブッて見えてしまいます。

目が内に寄り気味な内斜位があり、これは白内障の手術をしても治るモノではなく、前回同様、光を曲げて見やすくするプリズム処方をさせて頂きました。

今回、プリズムが前回よりだいぶ強くなっており、13プリズムの処方になります。

白内障の術後は眩しさを感じやすくなるのと、明るく見えるのですが見え方の質が低下するため、光を調整して見やすくなるTALEXのモアイレンズでお作り頂くことになりました。

O様の帰られた後、注文しようとすると、「製作できません」とでてきます。
片目で6.5プリズム必要なのですが、3プリズムまでしか作れないようです。

夕方5時回ってたので、TALEXに電話しても通じません。

レンズ製作できんかったらどうしよう・・・。 って思いながら一晩すごし、今朝になってから、「プリズム度数が製作範囲外ですが、作ることできませんか?」と電話してみました。

何とか無理を聞いてくれ、オーバー手配でうけてもらえることになり、ホッとしています。

良かった〜。
  「ありがとう!」 TALEX さん。


モノが二重にダブッテ見えるって、とってもツライんですよね。
普通に見えて、眩しさも抑えて見やすくなるモアイレンズでお作りできて良かったです。

きっと、O様にも喜んで頂けると思います。



             SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.




posted by SS級認定眼鏡士 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障と眼鏡