2017年12月09日

夜の運転が苦手なのは、光に弱い眼だからかもしれません

 昨日の夕方、「夜の運転が見にくくなったんで、また目が悪くなったかな?」とご来店頂きました。

5時頃でしたので、「この時間って、目を使って使ってした後なので、ちょっと違う度が出てくることがありますけど、どうしてもこの時間しかこれないのであれば今測定しますがどうしましょう?」ってお尋ねし、土曜日の午前中に来ると行って頂いた方に先ほどお越し頂きました。

度数を測定してみると、今ご利用頂いてます眼鏡と大差無い度です。
今の眼鏡でも1.0見えてます。

夜とはいえ、視力が1.0見えていて怖いほど見にくいとは考えにくいです。

聞けば、「夜は怖いからあまり運転しないようにしている。」とおっしゃってました。


話していて、ふと気がついたのですが、この方、光彩(黒目)がとっても薄い色されてます。 グレーに近い茶色。

このせいだ!

「夜と言ってもライトで照らした光が路面に当たって反射して見にくいです。 また、最近の車はライトが明るくなってますので、対向車の光が眩しくて見にくいのですが、○○様の眼は本来なら光を遮るはずの黒目が薄い色してますので、眼の中に透けて入ってしまい、眼の中で乱反射起こして見にくいんです。 日中でも眩しさを感じやすいはずですよ。」 とお話させて頂きました。

やはり日中も眩しさを感じられてるようでした。

この方の場合、日中のサングラスとしても利用できるピースグレーを夜間運転用としてご利用いただき、ついでに、お昼の外出にもご利用いただくと見やすくて眼がラクなんですけど、サングラスに抵抗があるそうで、常用できるモアイレンズでお作り頂くことになりました。

モアイレンズ常用されますと、きっと光の柔らかさに驚かれることと思います。
見やすく・疲れず・快適に日常を楽しんでいただけるようになります。

このレンズ、製作に日にちがかかるので、そろそろオーダー頂かないと本年のお渡しが難しくなってしまいます。 お急ぎの方はお早めにお越しくださいね。


              SS級認定眼鏡士  T. Yamaguchi.



    
posted by SS級認定眼鏡士 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | TALEX

2017年12月07日

夜の運転が苦手なら、見やすく・疲れず・安全な夜間運転用眼鏡で

 夜の運転時、
「対向車のヘッドライトがまぶしくて見にくい!」
「暗くて道路が見にくい!」

とか感じてられませんか?
夜はそんなものと諦めてられないでしょうか?

とっても見やすくなるレンズがあるとしたら、使いたくありませんか?

道路脇の草まで見やすくなります。
見やすいから、目も疲れなですし、運転が楽しくなります。

薄い色が付いてますが、色つきの眼鏡として普段使いもできます。
もちろん、度入りでも度なしでもお作りできます。

20171207MOB.jpg

ブラウン系のレンズをセットしてますが、グレーとパープルもあります。
明るく見えて見やすいですよ。


「夜見にくいから夜間運転用の眼鏡が欲しい」と昨日ご来店頂きましたお客様は、黒目の色が薄い茶色でした。

黒目が濃い茶色だと目の中に入る光をしっかりと遮ってくれるのですが、薄い茶色だと光が透けて目の中に入ってしまうんです。

そのため、目の中で光が乱反射し、見にくく感じます。 白人がサングラスを利用するのはそのためなんです。 サングラスで光を遮ってあげる必要があります。


普通ならモアイレンズの方が明るく見やすいのですが、この方の場合、光が透けて目の中に入ってしまうので、対向車のライトが眩しくて辛いはずです。

モアイレンズでは少し色が薄く、見にくいだろーなと思い、もう一つ濃いめの色のピースグレーをオススメしました。

20171207PG.jpg

薄めの色のサングラスとして、外出時に利用しやすい色目です。
日中のサングラスやOAグラスとして使用するレンズなのですが、黒目の薄い方は目に入る光を抑えてあげないと見にくいので、こちらのレンズを夜間用にご利用頂きます。

不思議なことに、雨の日の運転で、どこまでが道路か分からないような時に、このピースグレーをかけると、とっても見やすくなるので重宝してます。


昨晩、モアイレンズとピースグレーの体験レンズをお貸しし、運転して頂きました。
結果、ピースグレーの方が見やすいとのことで、Ray-Ban のフレームにピースグレーのレンズをセットしてお作りさせて頂きました。(上のフレームは違いますよ)

Ray-Ban の写真撮ったのですが、データが消えてしまって・・・ 代わりに載せてます。

夜間の運転に見やすく疲れない眼鏡ならEYES(アイズ)へお越しください。

見やすく・疲れず・安全に運転を楽しめるようになりますよ。


           SS級認定眼鏡士 T. amaguchui




posted by SS級認定眼鏡士 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記